【○○ジャパン】日本代表の愛称 まとめ

2016年8月22日

○○ジャパンなどの日本代表の愛称を集めました。

【○○ジャパン】日本代表の愛称 まとめ
【○○ジャパン】日本代表の愛称 まとめ

AKATSUKI FIVE(バスケットボール)

2010年に隼ジャパンから改称。
リオデジャネイロ五輪は男子は出場できず。
女子は準々決勝で金メダリストのアメリカに敗れる。

SAMURAI BLUE(サッカー・男子)

2010年のワールドカップ出場時に正式に愛称に。
監督名+ジャパンで称されることの方が多い。
直近では、ワールドカップ直前に監督がハリルホジッチ氏から西野氏に交代。西野ジャパンとして2018年ロシアワールドカップに臨み決勝トーナメント進出、ベスト16。

おりひめジャパン(ハンドボール・女子)

2013年に公募。
リオデジャネイロ五輪は出場できず。

ゴジラジャパン(柔道)

2019年に全柔連と東宝の協同プロモーションとして。
もともとライバル選手の分析システムを通称「ゴジラ(GOJIRA)」(正式名称は「Gold Judo Ippon Revolution Accordance(金・柔道・一本・革命・調和)」)と呼んでいたことから。
本家ゴジラは「GODZILLA」。

さくらジャパン(ホッケー・女子)

2008年に公募。
リオデジャネイロ五輪は予選グループ5位で敗退。

サクラセブンズ(7人制ラグビー・女子)

2013年に公募。
リオデジャネイロ五輪は予選敗退、10位。

サクラフィフティーン(15人制ラグビー・女子)

2013年に公募。
直近では2014年の第7回ワールドカップは本戦出場ならず。

サムライJAPAN(ホッケー・男子)

2008年に公募されたさむらいJAPANから改称。
リオデジャネイロ五輪は出場できず。

侍ジャパン(野球・男子)

2009年のワールド・ベースボール・クラシックの監督発表時に同時に発表(SAMURAI JAPAN)。
先に愛称を発表していたホッケー代表との関係もあり2012年に変更。
直近では、WBSCプレミア12で3位。

スマイルジャパン(アイスホッケー・女子)

2013年に決定。平昌五輪では2勝で6位。

そだね〜ジャパン(カーリング・女子・LS北見)

2018年の平昌五輪での選手のマイクからの「そだね〜」から付けられた。もちろん正式名称ではない。「もぐもぐタイム」と並んで、早くも2018年の流行語大賞は確実か!?

卓球NIPPON(卓球)

2013年に発表。
リオデジャネイロ五輪では水谷選手の銅メダル。
女子団体、銅メダル。
男子団体、銀メダル。

翼ジャパン(水泳飛び込み)

2015年に公募。
リオデジャネイロ五輪では女子の板橋選手が8位入賞。
男子は2選手いずれも予選敗退。

トビウオジャパン(水泳競泳)

2009年に決定。
リオデジャネイロ五輪では金メダル2つを含む、7つのメダルを獲得。

なでしこジャパン(サッカー・女子)

2004年のアテネ五輪出場時に公募。
2011年の新語・流行語大賞年間大賞。
ロンドン五輪銀メダルだったが、リオデジャネイロ五輪は出場を逃す。

波乗りジャパンNAMINORI JAPAN(サーフィン)

2016年、公募。
2020年東京五輪の追加競技に決定。

野武士ジャパン(サッカー・ホームレス)

2008年にフットサルクラブの愛称となる。
直近では、2011年のホームレスワールドカップ2011に出場。

火の鳥NIPPON(バレーボール・女子)

2009年に公募。
ロンドン五輪銅メダル。
リオデジャネイロ五輪では準々決勝敗退。

日の丸セーラーズ(セーリング)

2015年に公募。
応援団長は加山雄三氏。
リオデジャネイロ五輪では男子RSX級の15位が最高。

日の丸飛行隊(スキージャンプ・男子)

札幌五輪の活躍から呼ばれるようになったが、正式な名称ではない。最近はあまり呼ばれない。

長野五輪では団体で金メダル、個人ではラージヒルで銀メダル。近年は葛西紀明選手の五輪8大会出場のレジェンドぶりが話題に。

フェアリージャパンPOLA(新体操)

2007年にスポンサーより。
リオデジャネイロ五輪は個人は予選敗退。
団体、8位入賞。
予選では世界初のリボン4本投げを成功。

ブレイブ・ブロッサムズ(15人制ラグビー・男子)

正確には海外メディアから呼ばれる呼称で「チェリーブロッサムズ」とも。
日本では監督+ジャパンで呼ばれることが多い。
直近では2015年ワールドカップで、史上最大の番狂わせと報じられる勝利を含め3勝を挙げたが、予選敗退。
予選3勝で敗退するのは史上初。

ポセイドンジャパン(水泳水球・男子)

2011年に公募。
リオデジャネイロ五輪は0勝5敗、予選敗退。

マーメイドジャパン(水泳シンクロナイズドスイミング)

2010年に公募。
リオデジャネイロ五輪ではデュエット、銅メダル。
チーム、銅メダル。

マドンナジャパン(野球・女子)

2008年のIBAF女子ワールドカップ開催により愛称に。
直近では2014年のIBAF女子ワールドカップで4連覇達成。

ムササビジャパン(ハンドボール・男子)

リオデジャネイロ五輪は出場できず。

龍神NIPPON(バレーボール・男子)

2009年に公募。
リオデジャネイロ五輪は出場できず。

広告