日本では弥生時代だった頃、中国では3つの国が覇権を争っていました。三国志の世界を、三国志演義を中心に多方面から掘り下げています。

三国志

曹操の残酷な行いに失望し寝ているところを殺そうとした陳宮は、思うところあって曹操を見逃した。一人になった曹操は故郷に戻り軍勢を集めるのだった。

三国志

董卓はついに少帝を廃し、陳留王(劉協・献帝)を立てた。そして董卓は相国となり、名実ともに人 ...

三国志

宦官を滅ぼそうとする何進らと、対立する十常侍。思わぬ誤算からどちらも倒れたとき、次の時代の ...

三国志

第2話は前半が張飛の有名なエピソード。後半は十常侍と何進らの対立を軸とした権力争いが描かれ ...

三国志

三国志演義の作者である羅貫中がうっかりミスしたのではないかと思われる部分を書き出してみまし ...

広告

三国志

三国志演義第一話の最大の見どころは、もちろん「桃園の誓い」。そして劉備らのさまよえる旅の始 ...

三国志

一般的に三国志といえば「三国志演義」のことと思われがち。では「正史」とは?