【朗報】新サーチコンソールにもFetch as Googleが実装されていた

サイト運営やサイト担当者必須のGoogleのサービス、Search Console(サーチコンソール)。一新される予告が出ていましたが、Fetch as Googleがないために古いまま使っていませんか?朗報!実装されてましたよ。

【朗報】新サーチコンソールにもFetch as Googleが実装されていた
【朗報】新サーチコンソールにもFetch as Googleが実装されていた

こちらもどうぞ
WordPressのGutenberg(グーテンベルク)から元(旧エディター)に戻したい
WordPressアプリでエラーが出るときの原因と対処法(mixhost編)

実は僕も最近まで知らずに、古いバージョンのサーチコンソールを使い続けていました。そんな説明どこにもないですし。

ところが夜な夜な新サーチコンソールを見ていると、どうやらFetch as Googleの機能が名前を変えて実装されていることがわかりました。

その名も「URL検査」。早速新しいレポートに移動しましょう。

新しいレポートに移動しましょう

サーチコンソールを開いてみると、サマリーの下、2つ目にあります。

サマリーの下にURL検査を発見
サマリーの下にURL検査を発見

URL検査をクリックすると、最上部にURLを入力できるようになります。

URLを入力してエンターキーを押す!

適当なURLを入力すると、すでに登録されていれば「URLはGoogleに登録されています」、登録されていなければ「URLはGoogleに登録されていません」と表示されます。

Googleに登録されている場合は「登録されています」
Googleに登録されている場合は「登録されています」

されていなければ、すぐ右下にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックすれば、登録をリクエストしてくれます。Fetch as Googleと同じように、何度送信しても問題はないようですが、更新されていなければあまり効果はありません。

あくまでリクエスト完了なだけで、すぐに登録されるわけではありません
あくまでリクエスト完了なだけで、すぐに登録されるわけではありません

ヘルプにもちゃんと書かれてました。

URL検査ツールについて

URL 検査ツールには、Google のインデックスに登録されたページの情報が表示されます。この情報には AMP エラー、構造化データに関するエラー、インデックス登録での問題などが含まれます。

公開 URL をリアルタイムでテストして、ページでインデックス登録エラーが発生する可能性がないかどうかを検出することもできます。

インデックス登録された URL の検査 – Google のインデックスに登録されたページの情報を取得します。
公開 URL の検査 – サイトのページがインデックス登録できるかどうかをテストします。
インデックス登録をリクエスト – 検査済み URL を Google にクロールさせるようリクエストできます。

SearchConsoleヘルプより

画像はありませんが、インデックス登録されていない理由もわかるようになってます。

リクエスト完了まではちょっと時間かかりますが、Fetch as Googleのように「人間であることの証明」がいらないので、少し手間は省けます。

それにしても、実装されているのであれば案内してほしいものです。これでようやく新しいレポートを使うことができますね。

こちらもどうぞ
WordPressのGutenberg(グーテンベルク)から元(旧エディター)に戻したい
WordPressアプリでエラーが出るときの原因と対処法(mixhost編)

広告