三国志

曹操の残酷な行いに失望し寝ているところを殺そうとした陳宮は、思うところあって曹操を見逃した。一人になった曹操は故郷に戻り軍勢を集めるのだった。

三国志

董卓はついに少帝を廃し、陳留王(劉協・献帝)を立てた。そして董卓は相国となり、名実ともに人 ...

三国志

第2話は前半が張飛の有名なエピソード。後半は十常侍と何進らの対立を軸とした権力争いが描かれ ...

三国志

三国志演義の作者である羅貫中がうっかりミスしたのではないかと思われる部分を書き出してみまし ...

三国志

三国志演義第一話の最大の見どころは、もちろん「桃園の誓い」。そして劉備らのさまよえる旅の始 ...

三国志

一般的に三国志といえば「三国志演義」のことと思われがち。では「正史」とは?

日本史, まとめ

正史三国志から見た倭国、邪馬台国、卑弥呼についてをまとめました。

日本史

邪馬台国の本当の読み方は「やまとこく」という説について紹介します。

日本史

卑弥呼はどんな人だったのかをザックリまとめました。

広告

日本史

魏は倭国王(卑弥呼)に対し、「親魏倭王」という過剰とも思える待遇をします。一体なぜなのでし ...

日本史

邪馬台国はどこにあるのかを三国志の記述から考えます。果たして畿内なのか、九州なのか、それと ...

日本史

すでに支配体制が確立していた倭国。その外交的官職や国内で使われた官職などを見ていきます。

日本史

漢書地理志、後漢書東夷伝、そして三国志魏書(魏志倭人伝)に出てくる倭国をまとめます。